アクリル水槽をDIYしました☆ ~金魚飼育日記①~

アクリル水槽をDIYしました☆ ~金魚飼育日記①~

 

 

 

スポンサーリンク

[ad#ad1]

 

 

タイトル通りですが、アクリル水槽を自作しました。

理由は簡単。欲しいサイズの水槽がなかったから作りました。笑

 

この夏、近所の夏祭りで初めての金魚すくいに挑戦した長男。

今までは長男が自分でお世話ができないだろうと思って、

金魚すくいは禁止していました。

ですが、今夏カブトムシ4匹を一生懸命お世話している長男を見て、

金魚すくいを解禁しました。

 

初めての金魚すくい、長男は3匹もすくえました~!!

親ばかですが、なかなかやるな。

 

さっそく帰り道に金魚に必要なものを買い、帰宅。

金魚を入れて…って我が家、棚とかなさすぎて置く場所がない!!!!

唯一主寝室にはイケアのキャビネットがありますが、次男の手が届くので不可。

 

次男にいたずらされずに済む場所はリビングのニッチしかない。

でもリビングのニッチは高さ17㎝、奥行き11㎝の極狭スペース。

当然、市販の水槽でそんなサイズはありません。。。

 

なので、作ることに。

その間、金魚さんたちは洗面台の上で飼育することに。

(次男の手が届かない数少ない場所。)

 

さっそくホームセンターに材料を買いに行きました。

 

◎材料◎

・アクリル板 5㎜厚 (545㎜×600㎜のを買いました)

・アクリル用接着剤

・防水コーキング材や防水シール材

・アクリル用カッター

・鉛筆、定規

※アクリルをカットするときに下に敷くマットなどもあるといいです。

うちは、机をDIYしたときに余った木材を敷きました。

 

アクリル水槽 DIY

アクリサンデー。アクリル板といえばこれですね。

 

アクリル水槽 DIY

アクリサンデーカッターとアクリサンデー接着剤

 

アクリル水槽 DIY

バスボンドQ

本当は”バスコーク”が欲しかったのですが、ありませんでした。

こちらのバスボンドQの裏面を見ると、観賞魚水槽も用途に入っていたので購入。

 

一般的なコーキング材には防カビ剤などが入っていて、

水槽など、生き物を飼うのには適していないそうで、注意が必要です。

 

さっそく作り方を。

 

1.アクリル板に設計図を書きます。

 

アクリル水槽 DIY

アクリル板の紙に設計図を下書きします。

その際、板厚を計算に入れるよう、注意してください。

 

うちは高さ15㎝×幅60㎝×奥行10.5㎝の水槽を作りました。

下書きしたら、どの部位の板かわかるように書いておきましょう。

(側板や底板など)

 

2.アクリサンデーカッターで切ります。

 

アクリル水槽 DIY

アクリサンデーカッターの一番てっぺんの部分で紙を切り、

そのあと、かぎ針のようになった尖った部分でアクリル板に溝をつけていきます。

溝をつける際、定規をしっかりと持ち、ずれないように注意してください。

 

アクリル水槽 DIY

あ、手しわしわでごめんなさい。笑

 

ある程度溝がついたら、フリーハンドでこのように溝を深くしていきます。

アクリル板の1/3くらいまで溝をつけたら、

板を持ち、パキッと後ろに折ると簡単に折れます。

 

結構パキッといくので、はじめは割れたかな???と焦りました。

 

切り出したアクリル板たち。

アクリル水槽 DIY

 

3.アクリサンデー接着剤で付けます。

 

アクリル水槽 DIY

切り出した板を組み立て、セロテープで仮止めします。

内側からアクリサンデー接着剤を継ぎ目に流し込みます。

アクリサンデー接着剤には注射器が付属しているので、作業は簡単です。

 

ただ、一つ失敗。。

写真ではすべてを組み立ててしまっていますが、

一番長い板は最後にくっつけたらよかった…

奥行が狭いので、手を入れて作業するのが大変でした。

 

ともあれ、接着剤を流し込んだので、これで1日待ちます。

 

4.防水コーキング剤を塗布します。

 

アクリル板の切断面は必ずしもなめらかなわけではないので、

接着剤だけだと、どうしても隙間があり、水漏れしてしまいます。

そのため、防水コーキング剤やシール剤は必須です。

 

アクリル水槽 DIY

アクリル板の継ぎ目に2㎜ほどコーキングしたいので、

2㎜を残し、マスキングテープを貼ります(汚れ防止)。

 

バスボンドQを塗布していくのですが、

ここでも奥行の狭さゆえ、手を入れるのが困難で、

長い板は最後にくっつけたらよかったと後悔……

 

作業が終わったら、1~2日ほど待ちます。

これで完成☆

 

※補足※

2日待ち、水漏れしないかテストしたところ、

水漏れがあったので、再度水漏れ箇所をバスボンドQで補強しました。

 

水漏れしないかを確認し、水を2,3度入れ替え、

やっと金魚水槽が完成。

 

ここで悲報。。

水槽完成までの間に3匹のうち、2匹が死んでしまいました。。

新居を見ぬまま死んでしまった…

めだまくん、きいろちゃん、安らかにお眠りください。。。

(金魚すくいの金魚は本当に弱いです( ;∀;))

 

ということで、生き残ってるきんちゃん。

 

アクリル水槽 DIY

 

リビングのニッチにぴったりです!

(上はエサやりなどがあるので、2㎝あけました。)

 

すべの作業はコチラを参考にしました↓

http://www.acrysunday.co.jp/howto/index.html

 

今後、この水槽をカスタマイズしていく予定です☆

水草や流木などで、きんちゃんの部屋のインテリアを勝手にする予定。笑

 

新たな趣味を発見。

わくわくします♡